自動車保険の種類

自動車保険(任意保険)には対人保険と対物保険があります。


自動車保険(任意保険)を大きく2つに分けると、対人保険と対物保険があります。

対人保険の種類には次のようなものがあります。

・対人賠償責任保険
自動車事故によって他人に怪我を負わせたり死亡させ、法律上の損害賠償責任を負うことになった場合に、自賠責保険で支払われる保険金を超える部分に対して補償される任意保険です。

・人身傷害補償保険
自動車の運転に限らず交通事故にあった場合に過失割合に関係なく補償されます。歩行中の事故も補償の対象となります。

・搭乗者傷害保険
被保険自動車に搭乗していた者が、自動車事故によって怪我や死亡、後遺障害になった場合に、過失割合に関係なく補償される任意保険です。

・無保険車傷害保険
相手が無保険車だった場合に、保険金が支払われる自動車保険のことで、対人賠償責任相当額が補償されます。

・自損事故保険
単独自動車事故や、相手がいても自分に100%過失があり、自賠責保険の対象とならない場合の補償がされます。


対物保険の種類には次のようなものがあります。

・車両保険
自分の車両の損害を補償してくれる自動車任意保険のことで、「一般車両保険」「エコノミー(車対車)」「限定A(車両危険限定担保特約(A))」「エコノミー(車対車)+限定A」の4種類があります。

・対物補償保険
自動車事故を起こして他人の所有物に破損・汚損・滅失などの損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償されます。物にはペットなども含まれます。

現在の自動車保険(任意保険)は、このようないろいろな保険が組み合わさった総合保険となっています。



livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)