自動車保険の「自損事故保険」

自賠責保険の補償が受けられないときの自動車保険


自損事故保険は、対人賠償保険に加入すると自動付帯される自動車保険で、単独自動車事故や、自分に100%過失があり、自賠責保険で対象とならない場合に適用され、運転者・所有者の死亡・怪我、または後遺障害を被った場合に保険金が支払われます。

通常、自動車保険(任意保険)とは、自賠責(自動車損害賠償責任)では補償額が非常に少なく実際は足りないため、自賠責保険の上乗せ保険として加入しますが、自損事故保険はその自賠責保険の対象とならない場合について補償する自動車保険です。

相手のいない自損事故や自分が100%過失割合の事故などの理由で、自賠責保険では補償されない場合に支払われる保険です。

被保険自動車の運転手や所有者などが死傷や後遺障害を被った場合に保険金は支払われます。

この保険は先に述べたように、対人賠償責任保険に自動付帯されていますが、このような自損事故保険のような自己責任に対する保険は、賠償責任保険に付帯するものであり、単独で加入することはできないのです。

交通事故は何も相手があるとは限りませんので、そういう場合にどれくらいの額を保険に頼るかは個人それぞれの考え方になりますね。


参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

自損事故保険
自損事故の場合は、賠償金が支払われるべき相手が存在しないため、救済措置として自車の保険から対人賠償保険相当額が支払われる。対人賠償保険に自動付帯。


autoneeham at 14:52自動車保険の種類  この記事をクリップ!
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)