自動車保険の「無保険者傷害保険」って?

自動車保険(任意保険)には「無保険者傷害保険」というものがあります。


無保険車傷害保険は、自動車事故を起こした相手が任意保険である対人賠償保険に加入していなかったり、加入していた場合でも賠償責任を補償する能力がない場合に、保険金が支払われる自動車保険です。

これは、万が一事故を起こしたときに、もし相手が自動車保険に入っていなければ、本来相手から賠償してもらわなければならない場合でも、損害賠償資金力がなく支払いができないことが考えられます。

そのような場合に備えて、自分の自動車保険から対人賠償責任保険相当額が支払われるものです。

ただし、保険金額は対人賠償責任保険が「無制限」であっても「無保険者傷害保険」には上限があります。

この「無保険者傷害保険」は、対人賠償責任保険に自動付帯されており、被保険自動車に搭乗していた人に対して支払われる保険です。

自動車保険の対人賠償責任保険は、他人を死傷させた(死亡させたり後遺障害を負わせた)場合などに支払われる保険なので、この「無保険者傷害保険」についても同じく被保険自動車の搭乗者が死傷した場合に支払われます。


保険というものは万が一のためにあるのに、自動車保険の保険金不払い問題があると、心配でたまりませんね。


参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

無保険車傷害保険
事故に遭って、本来相手方から賠償金が支払われるべきところ、相手方が無保険だった場合、救済措置として自車の保険から対人賠償保険相当額が支払われる。対人賠償保険に自動付帯。


autoneeham at 12:14自動車保険の種類  この記事をクリップ!
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)