自動車保険の「対人賠償責任保険」

自賠責保険の不足額を補う「対人賠償責任保険」


まず、自動車保険には賠償保険とそれ以外の保険があります。

対人賠償保険は、自動車事故によって他人(同乗者(家族は除く)・歩行者・他の自動車の搭乗者など)に怪我を負わせたり死亡させ、法律上の損害賠償責任を負うことになった場合に、自賠責保険では足りないため、自賠責保険金を超える部分に対して、補償される自動車保険(任意保険)です。

自動車の運転中などに、他人を死傷させたり、後遺障害を被らせたときに、その損害賠償責任に対して補償をしてくれる保険です。
自動車の保険は、自動車賠償責任保険(自賠責)によって支払われますが、自賠責保険は限度額が小さいため、自賠責保険からの給付額を超えた額について支払われます。
保険金額は「無制限」まで加入できます。

自動車保険はいろいろな種類の保険がありますが、その中で、一番基本となる任意保険といってよいでしょう。


参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

賠償保険とそれ以外の保険
上述のように、自動車保険の基本は、被害者や遺族への賠償保険が基本である。これには人的被害と物的被害、逸失利益などが含まれる。賠償保険は、被害者や遺族への補償という性格上、運転者の重過失(飲酒運転、無免許など)であっても、保険金は原則として支払われる。但し、運転者限定の特約への違反があった場合などは支払われないこともあるので、注意が必要である。

賠償保険以外に、自身の怪我や自動車の損害を補填する保険もある。この場合、運転者の重過失があった場合は「自己責任」として、保険金が支払われない。賠償保険以外の保険のみを単独で加入することはできない。

対人賠償保険
自動車の運行・管理に起因して、他人を死傷させたときの損害賠償責任に対する補償。自賠責からの給付を超えた損害賠償額が支払われる。保険金額は、最高「無制限」まで加入できる。

−−−

最近保険会社の契約者を軽視する出来事が多く発生しています。
自動車保険も例外ではありません。どうにかしてほしいものです。

「子供を諭すかのような」異例の命令 出された大手損保



autoneeham at 16:27自動車保険の種類  この記事をクリップ!
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)