交通事故の現状

増え続ける交通事故とその負傷者


最近は交通事故による死者数は減少しているのですが、逆に負傷者数は増加しています。交通事故の件数と負傷者はどんどん増えているのです。
毎日100人に一人の割合で交通事故に遭っているのが現状なのです。

自動車社会となり、非常に便利な自動車ですが、ほんの気の緩みで事故は起こりうります。

いつ自分に降りかかるかわからない交通事故に備えて、自分にピッタリの自動車保険に加入することはドライバーとしてとても大切なことです。

万が一起こりうる事故の賠償責任を果たすために、しっかり自動車保険に加入しましょう。

もし事故にあったら怪我人の救護と二次事故の防止をしましょう


万が一事故にあった場合、最初にすることは人命救助です。けが人がいるようだったら、まず119番に電話しましょう。また、周囲の状況が危険な状態であれば、2次的な事故を起こしかねないので、助けを求めるなどして周囲の安全に努めましょう。

軽い事故でも必ず警察に連絡しましょう


ほんの少しのスリ傷程度でも、話し合いで済ませることなく、必ず警察に連絡して、あとは自動車保険会社どうしの交渉に任せるようにしましょう。自動車保険を使うのがイヤだと言って話し合いで済ませようとすると、おおきなトラブルに発展する可能性もありますので、必ず自動車保険会社に任せましょう。事故のときに自動車保険を使わないのであれば、何のために保険に入っているのか分かりませんから。


参考文献:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

自動車保険の必要性
自動車は便利なものであるが、反面、「走る凶器」とも言われるように、万一事故が起きた時の被害は甚大なものである。事故は僅かな気のゆるみで起こりうる。また、自分に大きな落ち度がなくて事故に巻き込まれることもある。自動車の運行中は双方とも周囲への充分な注意が要請されるから、たとえ相手方の落ち度が大きかったとしても、(追突、赤信号無視、中央線の右側通行などを除けば)全くの無過失が認められることは少ない。特に相手方が歩行者の場合、「自分の無過失」「車の整備不良がないこと」「相手方に落ち度があること」の3つを証明できなければ賠償責任を免れないとされ、「無制限責任」に近いものがある。さらに、貸与や盗難によって運行された自動車による被害でも、「管理者責任」「所有者責任」を問われる場合がある。このような賠償に応じるのは困難なことが多いため、普段から保険等による備えが推奨される。


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)