自動車保険の安い見積もり方法

自動車保険の保険内容により、当然保険料は安い場合も高い場合もありますが、同じ保険内容でも自動車保険の対象となる自動車の条件や、ドライバーの条件により、安い保険料となります。
自動車保険は、簡単に言うと、自動車保険金を支払う確率、つまり事故に遭う確率が低いほど自動車保険の見積もりは安いということになります。
では、事故に遭う確率が低いのはどういう場合か、安い自動車保険を選ぶためにも自動車保険の見積もり要素について見てみましょう。

自動車保険 自動車  

安い自動車保険見積もりの判断となる自動車の使用状況

自動車を使う頻度が低いほど事故の確率は低い(=自動車保険が安い)ことになります。
業務や通勤・通学で使うより、日常・レジャーでの使用の方が自動車保険見積もりは安いということになります。
また、年間の走行距離が短いほうが自動車保険の保険料は安いです。

自動車保険は安全装置などの設備があれば安いの?

代表的なものとしては、エアバックやABSの装備があると自動車保険の見積もりは安いということになります。
その他、エコ・カー、衝突安全ボディー、4輪駆動、横滑り防止装置などによって自動車保険は安い場合もあります。

安い自動車保険見積もりの判断となる自動車の運転者

自動車の運転者を限定すれば自動車保険見積もりは安いということになります。例えば、本人のみとか、家族のみとか、年齢制限を設けることにより安い保険料となります。
また、ゴールド免許により自動車保険は安い場合がほとんどです。

自動車の車両保険の種類

現在の自動車保険には、ほとんど車両保険をセットにすることができます。
車両保険の種類には、すべての場合に補償を受けられる一般の車両保険の他に、車対車のみ補償される「エコノミー車両保険」や条件が限定的な「限定A特約」があり、補償内容により安い見積もり額とすることができます。

自動車保険特約(その他)

自動車任意保険の商品により、様々な割引きがされる特約があります。例えば、インターネット契約割引き、早期契約割引き、保険証券不発送割引き(e-サービス)、クラシックカー専用割引き、地域割引き・・・など。
いろいろな条件により自動車保険見積もりは安くなりますので、自分に合った安い自動車保険を選びましょう。

安い自動車保険の一括見積もり比較

自分に合った安い自動車保険(任意保険)を探すためには、一括見積もりサービスが便利です。インターネットでできる無料での一括見積もり比較サービスがあります。
自動車保険の見積もり金額は、等級・損害保険・車両保険・運転者・車などの条件により決まりますが、各保険会社では様々な特約(割引サービス)により、他の会社との差別化を図っています。
自動者保険は万が一の事故に備えて入っておくものですが、更新の際には一度見直して、人気で評価の高いのはもちろん価格も安い自動車保険を選びましょう。
格安の自動車保険もありますが、事故時の対応も重要な要素なので、実際の利用者の口コミ情報なども参考に自動車保険を選びましょう。

自動車保険の更新

自動車保険は1年事の契約更新ですよね。
支払いは年払いと月払いがあると思います。

自動車保険の契約者と記名被保険者

自動車保険の契約者は誰でもOKなのですが、記名被保険者は主に自動車を使う人でないといけません。

自動車保険の保険料は運転者の条件などによって特約がいろいろあり安くなりますからね。

例えばほとんど運転しない人のゴールド免許の条件で申込んで、一般免許の人ばかりが運転していたのでは、いざというときにバレてしまったら保険は支払ってくれませんよね。嘘の申請ですからね。


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)